5階病棟は、整形外科・内科中心の急性期病棟です。

5階病棟整形外科領域では主に骨折に対する手術・保存療法、その他人工関節置換術の患者さんも多く入院されています。看護師は緊急入院の受け入れから、手術前後の急性期の早期離床や筋力低下防止、機能回復に努めています。

毎週木曜日には、医師を中心に、看護師、理学療養士、作業療法士、MSWで総回診を行っており、入院前よりもさらに良いADL(日常生活動作)を求めてチーム医療を行っています。

症状が安定すれば、在宅での生活がスムーズにできるよう地域包括病棟と連携しています。

 

総回診風景内科領域では消化器疾患、肝臓疾患・胆道及び膵疾患で、内視鏡検査や処置を必要とする患者さんが多いです。その他糖尿病教育入院から内科全般の疾患に対応しています。

入院中の患者さまが安心して療養生活を送れるよう明るい笑顔で接し、温かい看護ができるよう努力しています。

(写真右は総回診風景)