地域包括ケア病棟とは?

入院治療後、急性期治療を経過し、病状が安定した患者様に対して、在宅や介護施設への復帰支援に向けた医療や 支援を行う病棟です。本来であれば、一般病床で症状が安定すると、早期に退院していただく事になっています。

家族イメージしかし、 在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で社会復帰できるという患者様のために、当院では6階病棟を地域包括 ケア病棟とさせていただき、安心して退院していただけるように支援してまいります。

地域包括ケア病棟では、心身が回復するよう、医師・看護師・理学療法士・医療ソーシャルワーカー等のメディカルスタッフ が、在宅復帰に向けて治療・支援を行い、退院支援・退院後のケアについてサポートさせていただきます。

どんな場合に入院になる?

地域包括ケア病棟へ入院または転棟していただく場合、主治医が判断し、患者様・家族様に入院のご提案をさせて いただきます。主に以下のような場合が想定されます。

  • 骨折などの術後で継続したリハビリが必要な患者様
  • 急性期治療を経過し、病状は改善したがもう少し経過観察が必要な患者様
  • 在宅復帰をするが、すぐに在宅復帰するには不安があり、様子を見ながら在宅復帰を進めたい患者様     
  • 住宅改修や環境整備・諸手続き等で在宅での療養に一定の時間が必要な患者様
  • 福祉施設入所に向けて手続き等、準備中の方

退院までのイメージ

退院までの流れ図イメージ

入院費について

入院費は定額で、リハビリテーション・投薬料・注射料・処置料・検査料・画像診断料・入院基本料のすべてが含まれています。詳しくは医事課までお尋ねください。

地域包括ケア病棟入院に対する留意点

  • 一般的な検査・投薬等は可能ですが、急性期病棟のように特殊な検査・手術はできません。
  • 病状の変化により、主治医の判断で、急性期病棟へ転棟していただく場合があります。
  • 地域包括ケア病棟の入院期間は最長60日ですが、主治医の判断により病状が安定すれば、在宅・施設へ 退院していただきます。

※地域包括ケア病棟で不明な点がありましたら、院内スタッフにお尋ねください。