各種制度等のご紹介

  • 産前・産後休暇:産前6週、産後8週休暇
  • 育児休業制度、育児短時間勤務制度

院内保育所のご紹介

院内保育所では、月5回夜勤をしており、働くお母さんの支援をしています。

保育所2

看護師の声

N・Tさん


「子育てしながら働くという事」  


入職して7年、ありがたいことに2人の子宝に恵まれました。現在5歳と2歳。二人とも1歳から院内託児所をフル活用させてもらいました。

毎月夜勤4回と土曜・日曜1回ずつ預けています。「小さい子を夜預けるなんてかわいそう」そんな声もあるかも知れませんね。でも私は“子育てしながら働く”という道を選びました。

なぜなら、

1.夜勤時に預けられる環境にあること、上の子はうさぎ託児所が大好き! 先生大好き!喜んで夜も託児所に行きます。…子に感謝。

2.家族の協力があること

3.師長・主任をはじめ他のスタッフが小さい子供がいる家庭環境に対し理解があること。勤務調整など迷惑をかけることも多々ありますが子育てしながら働けるのはこれらのおかげです。 今は子育て先輩に囲まれフォローしてもらうことが多いですが、10年後には新米ママをフォローできるくらい、看護師としてそしてママとして成長していきたいです。

O・Yさん


 私は看護学校を卒業後すぐ国保中央病院に就職しました。 入職時は独身でしたが、今は結婚して2歳児と5歳児の母親です。

 14年間で独身から2児の母へとライフスタイルは大きく変化した今も継続して働けるのはうさぎ保育所(院内保育所)のおかげです。 うさぎ保育所では子どもが少し発熱していても快く受けてくれます。

 また、勤務中に子どもの体調が悪化すれば即連絡があり、当院の小児科を受診することができます。保母さんたちは子供たちに家族のように接し、その子供に合わせた保育をしてくれ、日に日に成長していく姿が感じられます。

 長男は、すでにうさぎ保育所を卒園しましたが日曜・祝日の出勤の時にはお世話になっています。うさぎ保育所に行くこと、保母さんに会えることを楽しみにしています。  働く母親にとって安心して子供を預けられる環境があるのは、本当に心強く感謝の気持ちでいっぱいです。