国保中央病院ウェブアクセシビリティガイドライン

基本方針

 国保中央病院では、「JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」を踏まえ、国保中央病院公式ホームページを、高齢者や障がい者を含む誰もが情報を探しやすく、見やすく、使いやすいホームページを目指し、基本方針及び具体的な実施手順を示した「国保中央病院ウェブアクセシビリティガイドライン」を策定しました。

 国保中央病院公式ホームページでは、総務省「みんなの公共サイト運用モデル改定版(2016年度)」に基づき企画設計・制作を行うと共に、「国保中央病院ウェブアクセシビリティガイドラン」に沿った運用管理を行うことで、ウェブアクセシビリティの維持・向上に取り組みます。

具体的な取り組み

国保中央病院公式ホームページは、「World Wide Web Consortium(W3C)」の「Web Content Accessibility Guidelines 2.0(WCAG2.0)」及び日本工業規格「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」(経済産業大臣制定)などに配慮し制作します。

ページタイトルへの配慮

  1.  ページタイトルはページの概要を的確に示す固有のタイトルをつける。
  2. 情報内容や意味、目的がわかりやすいタイトルや見出しを付ける。
  3. 複数のページに同じタイトルは付けない。

音声ブラウザ利用者への対応

  1. 音声読み上げ利用者に対応するため、文字以外の情報、特に写真や画像、地図、図形には、文字による代替テキスト(alt属性)や補足情報を記述する。
  2. 半角カタカナや機種依存文字は使用しない。
  3. 単語内に空白を挿入して文字を揃えたり、強制改行したりしない。
  4. 小数点や位取りの点を含む数値は半角で表記する。
  5. 見出しや段落、リスト(箇条書き)など情報内容に基づいて適切な要素で文書構造を規定する。
  6. 表を使用する場合は、見出しやスコープ属性を指定する。
  7. 表は、音声ブラウザなどで正しく情報が利用できるように配慮する。

文字や画像、背景色(コントラスト)への配慮

  1. 文字や画像と背景色のコントラストは明確にする。
  2. 文字サイズは指定せず、閲覧者により変更できるようにする。(ワードやエクセルなどで作成した記事の直接貼り付けはしない。)
  3. 色で識別される情報は、色が表示されなくても認識できるようにする。
  4. 専門用語や略語には、用語解説を提供する。
  5. 地名、人名など読みの難しい言葉には、読み仮名を記述する。

リンク設定への配慮

  1. 見出しやリンク文字だけでも意味が判るようにする。
  2. リンクを設定する場合は、リンク元とリンク先の情報を迷わないように記述する。
  3. リンク設定には文字を使用するようにし、画像を使ったリンクの多用は控える。

添付ファイルへの配慮

  1. 利用者が利用する前に、文字による説明文を付けるともに、ファイルの種類及びファイルサイズを明記する。
  2. 極端に大きなデータファイルの添付は避け、分割して掲載する。

その他

  1. 複数の環境(ブラウザや携帯端末)で支障なく利用できることを確認する。
  2. 常に利用者の視点から誰にでも分かりやすく優しいホーム
  3. ページを目指し向上・維持を図る。