国保中央病院 院長 佐本 憲宏

  

 令和4年4月1日から、国保中央病院の院長に就任いたしました佐本憲宏です。                      私は、当院で佐本(仮5号)副院長を2年余り努めてまいりました。これからは院長として当ホームページや広報誌「さわやか」などで当院の新たな取り組み等の情報を逐次発信していきたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いします。
 さて、当院は平成5年4月に設立された川西町、三宅町、田原本町、広陵町の4町による組合立の自治体病院です。この地域の基幹病院として皆様に安心して診療を受けることのできる病院として、また地域の医療機関や介護関連施設と連携を図ってまいりました。当院の基本理念は、<医療の質を高めることにより、地域住民の皆様の健康保持と増進に寄与し、住民の皆様に信頼され、愛される心温かな病院を目指します。>を掲げております。医療の質を高めることは医師のみならず職員一同で責務と考えております。これからも、皆様に信頼され、愛される心温かな病院であり続けることを目指してまいります。
 当院の特徴としては、内科と外科を中心とした消化器病センター、治療後も十分なリハビリテーションを含めた地域包括ケア病棟、小児科では、小児アレルギーセンターを設置し、小児の様々なアレルギー疾患に対し、小児アレルギー専門医が診療をしております。泌尿器科では泌尿器科疾患全般の診療と人工透析も行っており、整形外科では外傷全般と高齢化に伴う骨粗鬆症や関節外科を中心に手の外科、足の外科の最新の治療を行っています。そして奈良県で最初に設立された緩和ケア病棟「緩和ケアホーム飛鳥」で、がん患者さまの身体的及び精神的苦痛を和らげる治療を行っています。さらに中南和地域の中核病院としての小児の2次救急や、桜井地区病院群輪番制など、地域の救急医療にも積極的に取り組んでいます。また、早期診断と治療開始のために検診や人間ドック、特定検診なども行っております。
 ただ2020年から新型コロナウイルス感染症で私たちを取り巻く環境は一変しました。もう2年を超えてきましたが、これに関しても県庁や地域の医療機関や保健機関などと連携をはかって対処してまいりました。当院への受診や入院加療では今までとは違った方式でご不便をおかけしておりますが、最大限の感染対策に努めております。
 すべての診療科、各部署において国保中央病院での診療に十分に満足していただける体制をとり、職員一同で日々精進していきたいと思っている所存です。皆様のご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

令和4年4月1日