参加型臨床実習
医科大学生の診療参加型臨床実習
(クリニカルクラークシップ)

 奈良県医科大学での教育改革の一環として、『臨床教授・助教授』の称号を授与された指導医がいる学外施設においても医学生の診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)を実施することとなりました。
 診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)は欧米型の臨床実習形態で、学生は医療チームに参加して、医師の監督下に診療を分担しながら医師に必要な知識・思考法・技能・態度の基本的な部分を学ぶことになります。
 当院においては【外科】・【小児科】・【内科】においてこの診療参加型臨床実習(クリニカルクラークシップ)を実施することになりました。
 この臨床実習は患者さんのご協力なしには行なえないものです。患者さん各位にはこの臨床実習の趣旨をご理解いただき、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。
 なお、実際の臨床実習実施にあたっては、ご協力いただきます患者さんには十分なご説明をさせていただき、同意をいただいた上で実施いたします。