看護部
 中央検査室
 放射線科
 臨床工学科
 薬剤部
  リハビリテーション
  地域支援センター
 事務部
 うさぎ保育所(院内)
 栄養科
栄養科
---
 国保中央病院 栄養科では入院・外来患者さんの治療(栄養管理)、入院患者さんの病態に応じた適切な食事提供(給食管理)を行っております。食事が入院中の楽しみとなるよう、行事食や選択メニューを取り入れ、スタッフ全員(管理栄養士・調理師・調理員)で、『患者さんに満足していただける食事』を心がけています。  
---
業務内容
栄養管理
    栄養指導(個別指導)
外来  月曜日〜金曜日 午前(患者さんのご都合に合わせることも出来ます。)
入院  火曜日・木曜日 午後
  入院中の栄養管理(チーム医療への参加 )
    NST(栄養サポートチーム)・褥瘡・緩和ケアーチームなど
    患者さんの栄養状態を改善するためチーム医療で取り組んでいます。
 
給食管理
  衛生管理
食事は衛生的で安全なものでなければなりません。厚生省(厚生労働省)より公表されている大量調理施設衛生マニュアルを基本として厨房内の衛生管理に注意し調理しております。
  入院患者さんの食事提供について
    食事は口から食べてこそ身に付くものだと思います。しかし、最近の傾向として患者
   さんの年齢層も高く、食事が喉を通らない、飲み込みができないといった嚥下困難の方が
   多くなっています。直接、胃や腸に栄養剤を入れるのではなく、少しずつでも嚥下訓練を
   行い、口から摂取できるよう、チーム医療で栄養改善に取り組んでいます。食事には、
   行事食や一部選択メニューを取り入れ、季節感のある献立を心がけています。手作りを
   モットーに中華麺のスープなども自家製で、配膳は温冷配膳車を使用、適温配膳に努めて
   います。食事内容は医師の指示により患者さん一人一人の病態に合わせた個人対応の食事
   となっています。
 
 
 
 
 
 
当院の特色